ページの先頭です

スマートフォン表示用の情報をスキップ

ウイルスチェックサービス よくある質問(FAQ)

ウイルスチェックサービス よくある質問(FAQ)

ウイルスチェックサービス概要について

Q1.「ウイルスチェックサービス」とは何ですか?

A1.本サービスは、ご契約者が受信するメールに添付されたファイルに対し、当社のサーバにて自動的にウィルスチェックを行うサービスです。 ご契約者が受信する電子メールに対してサーバ上でウイルスの検知・駆除を行いますので、安心して電子メールの受信を行うことができます。なお、検知・駆除が可能となるのは既知のウイルスのみとなり、一部駆除ができないものもあります。本サービスは受信メールのみで送信メールには対応しておりません。

Q2.「ウイルスチェックサービス」と「ウイルスチェッククライアントソフト」はどう違うのですか?

A2.「ウイルスチェックサービス」は、サーバ側でチェックを行うため、メールを送受信するクライアントを選びません。例えば会社のパソコンでも家のパソコンでも安心してメールを送受信できます。毎日ウイルス情報を更新しており、最新のシステム(ワクチン)でチェックを行います。ワクチンの更新にお客様の手を煩わせることがありませんし、他のアプリケーションソフトの動作に影響がありません。

 「ウイルスチェッククライアントソフト」はプログラムを常に起動していなくてはいけないため、パソコンに一定の負荷がかかり、他のアプリケーションソフトの動作が遅くなることがあります。またチェックソフトをクライアントの台数分用意する必要があります。

Q3.ウイルスの検知・駆除機能はどのようにして実現するのですか?

A3.マカフィー社の「McAfee SCM Appliance」を利用することにより実現しています。

ウイルスチェックサービスの仕様について

Q1.すべてのウイルスを発見/駆除できるのですか?

A1.本サービスは、全てのウイルスに対して、完全な検知、及び駆除を保証するものではありません。本サービスは、マカフィー社のソフトウェアを利用することにより実現していますので、マカフィー社が把握しているウイルスの検知が可能です。ただし、すべてのウイルスの駆除が可能なわけではありません。これは、不正プログラム(トロイの木馬)形式のウイルス等が単体のプログラムであるため、一部分を駆除するということができないためです。

Q2.ウイルスの検知・駆除が可能なウイルスの範囲は?

A2.その時点で、当社のメールサーバ上にインストールされているマカフィー社提供のウイルスパターンファイルによって検知・駆除が可能なウイルスについてのみ対応します。

Q3.ウイルスに感染したメール(添付ファイル)が送られてきた場合、添付ファイルはどうなるのですか?

A3.ウイルスを駆除できた場合とできなかった場合で以下のようになります。

  1. ウイルスを駆除できた場合

    ウイルスが駆除された状態の添付ファイルが届きます。

  2. ウイルスを駆除できなかった場合

    ウイルスが含まれていた添付ファイルは削除され、受信者に添付ファイルは届きません。削除された添付ファイルはサーバにも残りません(注意)。

(注意)

ウイルスを駆除できなかった場合には、当該メールにウイルスを削除した旨の添付ファイル(detected.htm)がついて受信者に届きます。添付ファイルの内容例は下記のとおりです。

本文(例)

ウイルス検出

 いつもお世話になっております。キステムでございます。

 このメールに添付されていたデータはウィルス感染の恐れがあるためウィルス駆除、もしくは添付データ自体の削除を行わせて頂きました。

 ファイル名: 'eicar.com'

 検出: 'EICAR test file (ウイルスをテストしない)'

 ご不明な点がございましたら、キステムサポートまでお問い合わせ下さい。

Q4.ウイルスに感染していて、削除されたファイルを復旧することはできますか?

A4.できません。送信者に、ウイルスを駆除した該当ファイルを再送するように連絡を取っていただきますよう、お願いいたします。

Q5.利用しているパソコンがウイルスに感染しているかどうか確認できますか?

A5.当社のメールウイルスチェックサービスでは、確認を行うことができません。

Q6.「ウイルスメールチェックサービス」を受けるには、パソコンでの設定が必要になりますか?

A6.ウイルスチェックはサーバ側で行うため、ウイルスチェック用の特別な設定は必要ありません。

Q7.現在転送の設定をしているのですが、「ウイルスチェックサービス」を利用している場合でも転送は可能ですか?

A7.当社の「メール転送機能」をご利用の場合、ウイルスの検知・駆除を行ってからメールを転送しますので、転送先メールアドレスでも安心して受信いただけます。

Q8.使用している電子メールソフトには依存しますか?

A8.依存しません。ウイルスの検知・駆除は、ご契約者の方がご自身のパソコンにメールを取り込む前にメールサーバ側で行われるからです。

Q9.Macintosh、UNIXでも利用できますか?

A9.できます。「ウイルスチェックサービス」では、メールのウイルス検知・駆除は全てメールサーバ側で行われますので、ご契約者様がお使いのOSには依存しません。

Q10.メール暗号化ソフトの利用や、暗号化メールサービスを利用する場合、暗号化された添付ファイルのウイルスチェックはされますか?

A10.されません。メールを暗号化する場合や暗号化された添付ファイルを利用する場合は、端末にウイルスチェックソフトウェアがインストールされている環境で使うことをお勧めします。

Q11.分割された添付ファイルのウイルスチェックはされますか?

A11.分割された添付ファイルには対応しておりません。相手方には添付ファイルを分割せずに送信いただけるようご案内をお願いいたします。なお添付ファイル付きメールの最大サイズは10Mです。

Q12.HTMLメールはチェックされますか?

A12.添付ファイルではないHTMLメールはチェックの対象外です。

Q13.メールソフトの設定変更は必要ですか?

A13.基本的には設定の変更はございません。メールサーバ名が送受信ともmail.ドメイン名(例:mail.abc.co.jp)であれば、ご利用できます。ただし、インターネット接続が他社プロバイダーまたは滋賀県外からのフレッツ接続をご利用の方は送信メールサーバ名等の設定変更が必要です。

お問い合わせ

基盤技術部

電話: 077-521-0500

ファックス: 077-526-4579

お問い合わせ


ページの先頭へ戻る

Copyright (C) KISTEM Co., Ltd. All Rights Reserved.